その他便利ツール

dポイントの使い方がわからない方におすすめ、ポイント入門講座

約 13 分程度(目安)で読めます。

※本記事は2019年5月17日時点の情報に基づいています。
街のドラッグストアやコンビニで会計すると、お決まりのように

「dポイントカードまたはTポイントカードなどお持ちですか」

と質問される経験をした人も多いのではないでしょうか^^

少し気になって調べてみると、利用者数は6,000万人以上!
日本人の半分以上が利用している計算!

(dポイントカード登録数は2500万人)(2018年8月の決算説明会より)

さすがに一応、ITをメインにお仕事をする私としては、看過できず、利用を検討することにしました。
(どちらかというと"めんどくさがり"の自分でも心配になってきました。
何か利用しないことで損をしていないかなどなどしかも、私はドコモユーザー。。。)

ということで、私のような超初心者向けの方のためにdポイントがどんなものか、後々、様々な応用的な使い方への進むきっかけになれるようにポイントを絞って整理してみました^^

dポイントの使い方

dポイントが使える人

基本的にだれでもOKです。

  • ドコモ回線を契約していない人でもOK!!
  • ドコモ回線契約でガラケーだとしてももちろんOK!
  • ドコモ回線契約でスマホユーザーならメリット大

dポイントカードを手に入れる。

初心者向け入門ということでdポイントカードで話を進めていきます。
※応用的なものにdカードというクレジット機能がついたものもあります。

dポイントカードは入会金、年会費無料です。

dポイントカードを手にいれるには次のような方法があります。

  • ドコモショップでもらう。
  • dポイントが使えるお店(コンビニ(ローソン等)やファーストフード店(マクドナルド等))でもらう。
  • 郵送申し込み
    ※ドコモ回線契約者のみ、届くまで時間がかかる。

近くにドコモショップがあれば、ドコモショップでもらうことをお勧めします。
理由はあとで説明します。

dポイントカードの会員登録

dポイントカードを手に入れたら、利用者登録します。

dポイントカードはこの会員登録しないと使えません!!
(ポイントは貯められるようです。)

では、登録手順を追ってみていきましょう。

ドコモ以外の方は利用可能な無料のdアカウント IDを取得してください。

  • 無料のdアカウントの作成
    無料のdアカウントとは、ドコモ以外の方でもネットショッピングなどの様々なサービスを利用可能な無料の共通IDです。
    dアカウント作成のページを開き、そこから順番に進めてください。
    (「無料 dアカウント 作成」で検索してみてください。)

ここまでで皆さん、dアカウントIDが無事、準備できたと仮定して、話を進めていきます。
次に登録手順に入っていきます。
ドコモの人、その他(ソフトバンク、au、格安スマホ、携帯をもっていないなど)人によって、少し手順が異なります。

  • ドコモのスマホ+Wifiアクセスの方
    申し訳ありません。割愛させていただきます。m(_ _)m
    インターネットから可能です。
    「dポイントカード 登録」で検索して、dポイントカードの利用者登録のページを開き、dアカウントでログインし、順番に進めてください。
    流れにのれば、大丈夫なはず?です(^o^)/
  • ドコモのスマホ以外(他社スマホ、パソコン)の方
    申し訳ありません。割愛させていただきます。m(_ _)m
    「ドコモのスマホ+Wifiアクセスの方」と同様のページを開いた後、「ドコモのスマホ以外の方向け」のリンクをクリックしてください。
    流れにのれば、大丈夫なはず?です(^o^)/
  • ドコモショップで登録する方
    ドコモのスマホ・ケータイをお持ちでない方も可能とのことです。
    ドコモショップの人に「登録したいんですけど、どうしたらいいですか~」
    で後は、説明を受けながら待ちましょう。

【スマホでも利用したい方】
dポイントカードをスマホでも、利用したい方は次の登録作業が必要です。

Simフリーの格安スマホでも利用できます。
また、おサイフケータイ機能がなくても利用できます。

モバイルdポイントカードとも呼ばれるものです。
dポイントカードをスマホ内の専用アプリからも利用できるように登録します。

メリットは

  • 簡単にポイント残高が確認できる。
  • dポイントカードを持ち忘れても、スマホがあれば、ためる、つかうは可能

です。

では、スマホでも利用したい場合の登録手順を示します。

  1. dポイントクラブアプリをインストール
    Androidの方はGoogle Playから検索
    iPhoneの方はApp Storeから検索
  2. 同アプリを起動
  3. dアカウントでログイン
    すでにドコモユーザでない方も取得済のはずです。
    取得していない方は、上の内容を再度、確認してください。
    ドコモユーザであれば、現在たまっているドコモポイントが表示されます。
    (ドコモポイントとdポイントカードのポイントは合算されます。)
  4. 画面右上のdポイントカードアイコンをタップ
  5. 「お手持ちのカードを利用登録する」をタップ

※詳細内容は
モバイルdポイントカードの公式ホームページを確認ください。
(「モバイルdポイントカード 使い方」で検索ください。)

dポイントをためる。

dポイントをためる手順は
dポイントカードのバーコードを提示する場合と、
dポイントカードアプリのバーコードを提示する場合
で若干、違います。
ただ、どちらもバーコードを提示するという点は同じです。

  • dポイントカードを利用する場合
    裏面のバーコードを店員に提示してください。
  • スマホを利用する場合

    画面右上のdポイントカードアイコンをタップして、表示されたバーコードを店員に提示してください。

dポイントをつかう。

dポイントをつかう場合も、ローソンなどの有人店頭においては上のdポイントをためる場合と手順は同じですが、次のポイント交換やドコモの携帯電話料金として利用する場合はインターネットで行う必要があるかと思います。

詳細内容はd POINT CLUBの公式ホームページを確認ください。
(「d POINT CLUB」で検索してみてください。)
同ホームページにオンラインショッピングなどのお店の入り口が用意されています。

dポイントの利用シーン(買えるもの、交換できるもの)は上記ページで、最新情報を確認できますが、次節で簡単にイメージしやすいようセレクトしてみましたので、参考にしてみてください。

dポイントの利用シーン

dポイントの利用シーン(買えるもの、交換できるもの)を一部、セレクトしてみましたので、イメージしてみてください。

  • 【だれでもOK】
    • 有人店舗
      例:ローソンの場合、1ポイント1円としてつかえる
    • ネットショップ
      ・dマーケット(dショッピング, d fasshon他)
      ・提携ネットショップ(amazon、メリカリ他)
    • ポイント交換
      例:JALのマイルの場合、dポイント5,000ポイントを2,500マイルに交換可能
  • 【ドコモユーザーの場合】
    • ドコモの携帯電話料金に利用(ドコモ回線電話番号のみ)
    • ドコモショップで機種変更などの端末代金の一部として利用。
      (修理費用や部品などでも場合によって可能とのこと)
    • ドコモショップなどで付属品の商品代金の一部として利用

使えるお店は日々増えていいます。
最新情報は「d POINT CLUB」で検索してみてください。

dポイントカードはドコモショップでもらうと使い方やわからない点で楽

できればdポイントカードはドコモショップでもらうと、とても手続きが楽になるかもしれませんよ。
ドコモのスマホ・ケータイを持っていない方も可能とのことです。
実は私はdポイントカードをドコモショップにもらいにいきました。
(近くにドコモショップがあったので)

その時の思いは、dポイントカードをもらって終わりだろうと思っていましたが、私が行ったドコモショップでは、

  1. 簡単なアンケート(契約電話番号)を記入した後、順番待ち整理券をもらう。
  2. 5分ほど待つ。
  3. 担当者と受付カウンターで説明を受ける。
    dポイントカードの説明があった後、dポイントカードの登録まで行ってくれました。
    登録時、私はドコモユーザー(ガラケー!)でしたので携帯のネットワーク暗証番号が必要でした。)
  4. その後、その場でSimフリー!の各安スマホを取り出し、
    dポイントカードアプリを起動し、ログイン
    すると、
    「更新が完了しました」
    というメッセージが出て、
    結局、目立った操作はログイン操作とネットワーク暗証番号の入力だけで会員登録が完了してしまいました。

ポイントカードだけもらって、登録作業は自力でと思っていたので、大変、助かりました。

ついでにその場でいろいろと、アプリの使い方などいろいろ聞いてきました。
その中の一部を紹介します。

dポイントカードアプリのログアウト方法について回答をもらいました。
(すでに、ご存じの方は了承ください。)

【dポイントカードアプリのログアウト方法】

  1. 左上のメニューボタンをタップすると、隠れメニューが表示されます。
  2. 「会員情報の確認・編集」を選択して、会員情報の右上のログアウトボタンをタップする。

その場で不明点をすぐに聞けるというのはやはり助かりますね。

最後に

dポイントの使い方がわからない方向けに基本的な流れについて説明してきました。

最後にdポイントカードについて簡単に整理しますと、

  • ドコモユーザ関係なくだれでも登録・利用できる。
  • dポイントカードは街のコンビニなどで簡単に手に入る。
  • ポイントをためたり、使ったりできるお店が普段使いのお店含め、身近にたくさんある。
  • ドコモショップであればワンストップサービスで手続き完了
    dポイントカードの取得・登録まで行ってくれる。
    もちろんスマホの登録も行ってくれる。
  • ドコモショップに頼らず、自分で会員登録する場合も、登録ページにいけば、直観的な操作で登録が完了する。
  • 日本人の2人に1人以上が登録している状況。

私も今回、はじめて、dポイントカードを利用してみました。
docomoユーザー歴 20年にも関わらずです。。。^^;

正直、こんなに簡単でお得なのであれば、早く利用しておけば、よかったと後悔しました。
どうも、ひと昔前のおサイフケータイをイメージしてどこか壁を感じていました。
ここ10年で時代は変わっていたのですね(T∇T)

dポイントに関心がある方は是非、利用されることをお勧めします。

スポンサーリンク

-その他便利ツール

© 2020 やまぐーのパソコン・スマホライフログ